離婚と財産分与

夫婦生活を離婚という形で終わらせることになったとき、最後に解決しなければいけないのが財産の問題です。
婚姻生活中に夫婦二人で築き上げてきた共有財産をどのように分配するかを決めなければいけません。
財産は、夫と妻それぞれの貢献度に応じて分配されますが、まず最初に分配の対象となる共有財産の取り決めをきちんとしておくことが大切です。
共有財産とは、夫婦の共同名義で購入した不動産、共同生活に必要な家財道具などが対象になります。
また、車、預貯金、有価証券、退職金、保険解約返戻金などは、たとえ夫婦どちらかの名義であったとしても、婚姻中に夫婦が協力して得たものであれば、共有財産とみなされます。
婚姻前からどちらかが所有していた財産や婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産は特有財産といい、分配されることはありません。
離婚を急ぐあまりに、取り決めを曖昧なまま進めてしまうと、もらえるものももらわずに終わってしまう可能性があるので注意が必要です。
財産分与の割合は、どの程度財産の形成や維持に貢献したかがポイントではありますが、それぞれ2分の1ずつの割合が一般的です。
分与の割合は当事者の協議で取り決めができますが、解決しない場合は、離婚調停、離婚審判、離婚訴訟などの手続きを踏んでいくことになります。テクスチャー13