離婚に伴う財産分与の対象になる財産

財産分与とは、婚姻関係中に夫婦で協力して築いた共有財産を、離婚の時にそれぞれの貢献度に応じて配分することをいいます。婚姻関係前から片方が所有していた財産や、婚姻関係中であっても夫婦の協力とは無関係に築いた財産(遺産相続や贈与)は特有財産と呼ばれ、財産分与されません。
財産分与をするためには、まず、それぞれの財産について共有財産か否か個別に判断し、財産分与の対象となる財産を確定する必要があります。共有財産かどうかは、その財産が夫婦名義であるかなど形式的な判断ではなく、婚姻関係中に夫婦の協力で形成・維持してきたかという実質的な判断に基づいて決定されます。例えば、夫婦片方の名義になっている預貯金や車、不動産、債権、有価証券であっても婚姻関係中に取得したものは、夫婦の協力によって築いた共有財産と推定されます。ただし、原則としてこの判断は夫婦が同居している場合に適用されます。別居後に取得した財産は、例え婚姻関係中に取得したといっても、夫婦で協力して築いたとはいえないためです。借金などマイナスの財産については、夫婦の生活を維持するための借金であれば、財産分与する財産に含まれますが、専ら個人のためだけに使う遊興費などについては財産分与されません。

コメント

コメントを受け付けておりません。