離婚の方法と適切な財産の分け方

離婚をすることになった場合、離婚の方法には、2種類の方法があります。ひとつは、協議離婚と呼ばれる方法です。そして、もうひとつは、家庭裁判所で行われる離婚調停を経て離婚をする方法です。夫、妻、双方で協議をして、合意が得られれば、離婚届に必要事項を書いて、市町村の役場に出すことで離婚は成立します。一般的な方法はこちらになります。ただ、夫か妻、どちらかが離婚をすることを拒否をし、話し合いを行っても解決をしない場合は、家庭裁判所で第三者によって解決をしてもらう、という意味合いで、調停を行うことになります。調停が終了すると、離婚届を出さなくても離婚が成立します。協議をする場合、もっとも問題になるのは、財産の分け方です。結婚をした後に築き上げた財産が、夫婦の共有財産となります。たとえば、結婚した後の預貯金は妻で、共同名義で購入をしたマンションは夫、といったように、分割することができれば、その時点で協議が成立します。結婚前のそれぞれの預貯金などは、共有財産ではありませんので、それぞれの物となります。後々トラブルとならないように、財産の分割方法は公正証書などにして、公的な書類として保管をしておくことをお勧めします。テクスチャー14

コメント

コメントを受け付けておりません。